ハトコのときめき糖質制限ダイエット

糖質依存症だったハトコが、食べて痩せる糖質制限ダイエットにチャレンジ。痩せやすく、太らない体に体質改善中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

低糖質のお酒とおつまみでダイエットできる?

こんばんは、ハトコです。

今日は、糖質制限ダイエットとお酒についてのお話です。

まず飲み物全体について。

糖質制限食の実践中は、スポーツドリンクやジュース、甘い缶コーヒーなどは糖質が多いのでNGですが、お茶やブラックコーヒーなど甘くないものはもちろんOK。

その他、成分無調整の豆乳も飲んでも良い飲み物です。

そこでじゃあ・・・お酒は?と思いますよね。

糖質制限食ではお酒は種類を選べばOK!飲んでも太りません。コレ、ご存じでしたか?

低糖質のおつまみって、探せばたくさんありますから、お酒をたしなみながらダイエットできるなんて、のんべえさんには

革命ではないでしょうか。

じつはハトコも、その一人。かつてはお酒で失敗をし(?)、封印していましたが、このたび復活♪(v〃∇〃)

ただし、一つだけルールがあります。それはもちろん低糖質のお酒であること。

今日は飲んでダイエットできるお酒についてご紹介します。


←あなたの「見に来たよ♪」の応援ポチッが励みになります。

 ◆控えたいお酒 

・ビール 1杯200ml 糖質6.2g
ただし、糖質ゼロのビールや発泡酒をえらべばOKですよ。

・カクテル(リキュールなど)
甘い甘いカクテル。女子はつい飲みすぎてしまいます。気をつけて~!

・日本酒 1号180ml 糖質8.1g

・果実酒(梅酒ロック 60ml 糖質 12.4g)

・甘口のワイン、
ワインなどの果実酒は、原料そのものに糖分が合まれているので、やっぱり控えたいですね。

でも赤ワインには、抗酸化成分のポリフェノールが多く含まれていますので美容や健康を考えると少しは飲みたいお酒です。

100mlあたり5gくらいの糖質が含まれていますが、100mlあたり1.9gほどの低糖質ワインもありますので量を控えめにして楽しみましょう。。

ワインとチーズ、合いますもんね♪ハトコも赤ワイン大好き。

控えたいお酒は醸造酒と混成酒です。

■醸造酒(ビール・日本酒・ワインなど)

米・麦・ぶどうなどの原料を発酵させて造ったお酒で、蒸留などの作業を経ずに、基本的にアルコール発酵させたままの状態で飲まれるものをいいます。

■混成酒(梅酒・リキュール・べルモット・ペパーミント)

醸造酒や蒸留酒に香料や糖を加えてつくるお酒です。


 ◆飲んでも良いお酒 
・焼酎

・ウイスキー

・ブランデー

例外として
・辛口ワイン

飲んでも良いお酒は、蒸留酒です。

蒸留酒とは、原料を発酵させた後、蒸留してつくります。

数十種類のアルコール成分が含まれる醸造酒と違って、アルコールの種類がほぼ1種類なので分肝臓への負担も少なく、効率良く分解するといわれています。

焼酎は二日酔いしにくいといわれるのもこのためなんですね。

ハトコのおすすめは「焼酎のごぼう茶割り」です!あの南雲先生も著書「ゴボウ茶を飲むと20歳若返る!」の中で推してました。
糖質制限ダイエットお酒

南雲先生がお好きなのは芋焼酎のごぼう茶割りだそうですが、ハトコは麦焼酎のごぼう茶割りが好き。クセがなくてゴボウの味がしっかり味わえておいし~。

ごぼう茶をお試しした記事はこちら→あじかんごぼう茶をお試ししてみました

簡単なおつまみとしては、小魚やあたりめ、チーズが低糖質です。

ハトコは辛口赤ワインと、サラミの入ったクリームチーズにはまってます!食べ過ぎちゃうかも。

■ハトコが試した糖質オフのお助け商品はコチラ■
メタバリアNEO
メタバリアNEOお試し

甘いもの好き・ご飯好き必見。糖をブロックして脂肪分解もサポート!
ファンケル本搾り青汁
ファンケル青汁お試し

食物繊維はダイエットの強い味方。しかもおいしいです。
あじかん焙煎ごぼう茶
あじかん焙煎ごぼう茶お試し

ごぼうパワーで腸内環境を改善。美肌もスッキリもここから♪


←読んだよ~のしるしにポチッとしてくださると、喜びます。

関連記事
[ 2014/07/05 22:46 ] 糖質制限の食材選び | TB(-) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブックマーク・RSSリーダー
登録すると、新着記事がラクラク読めます↓
人気記事ランキング
検索フォーム
ブログ村ランキング


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。