ハトコのときめき糖質制限ダイエット

糖質依存症だったハトコが、食べて痩せる糖質制限ダイエットにチャレンジ。痩せやすく、太らない体に体質改善中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

6/30主治医が見つかる診療所「糖尿病予備群(予備軍)」のヒミツ

76bb863a1ef4ef689366c636ec0b7214_s.jpg
6月30日月曜日のテレビ東京 「主治医が見つかる診療所」のテーマは「もうひとつの糖尿病」でした。

健康診断で異常が無くても、実は糖尿病予備群(予備軍)だった、という方が急増しているのだそうです。

「もうひとつの糖尿病」とは、健康な人と糖尿病の人の間に位置する「境界型糖尿病(糖尿病予備群)」のことをいいます。

通常の健康診断や人間ドックでは、空腹時に血液検査が行われますが、このとき、血糖値に異常がないと、健康だと診断されてしまいます。

気付かぬうちに初期の糖尿病見逃してしまうかもしれないんです。


でも本当は、糖を摂取した後の血糖値がどのように上がっていくかを測らなければ、糖尿病の精密な検査にはなりません。

会社の健康診断は毎年受けているけど、それではわからないなら、どんな検査をすればいいの?と思いますよね。

実はこんな方法があるんです。


←あなたの「見に来たよ♪」の応援ポチッが励みになります。

◆本当に受けるべき糖尿病予備群の検査とは

糖尿病予備群でないかを調べる方法は、ブドウ糖負荷試験というものです。

これは、空腹時に血糖値を測ったあと、75gのブドウ糖を摂取し、
30分後、1時間後2時間の計4回、血液を取り、血糖値がどのように変化するかを調べます。

空腹時の血糖値が110未満、かつ2時間後が140未満なら正常です。

空腹時が126以上、または2時間後が200以上なら糖尿病。

これ以外はすべて糖尿病予備群です。

「空腹時の血糖値は正常なのに食後に急激に血糖値が上昇する」これが境界型糖尿病=糖尿病予備群の特徴です。

通常の健康診断ではオプションになります。だから血液検査では見逃されることが多いのですね。

c4081abee9e9d2e6652df4346ce090f9_s.jpg

◆糖尿病予備群を見つけ出す重要性

南雲先生いわく、糖尿病と診断された人はその日から治療が始まっているからまだ良いほうで、予備群の人たちは放っておくと合併症リスクも高くなってしまいます。

でも、今から生活習慣を変えていけば、お薬を使わなくても健康な状態に戻せるかもしれないとのこと。

糖尿病予備群(境界型糖尿病)の原因はズバリ、「肥満」です。

でも肥満とは?どのくらいが肥満なのか、判断は分かりづらいですよね。

これについては、どのくらい内臓脂肪がついているかが目安になるそうです。

分かりやすい方法があります。
例えば40歳以上の方なら、20歳のころから10キロ以上増えた人は、内臓脂肪がかなり増えているのだそうです。

◆街でできる糖尿病予備群の検査とは?

最近では、街で糖尿病の予備群チェックができるって、ご存知でしたか?

しかも、食前、食後いつでもOK。費用は500円~1000円。

その場所が、「薬局」です。


2014年4月に厚生労働省が規制を緩和したことにより、安価で糖尿病の簡易検査ができるようになりました。


糖尿病の簡易検査を扱っている薬局に行き、

①検査の同意書に名前、連絡先、身長、体重、薬の服用歴などを記入します。

身分証明書や保険証は必要ありません。

②薬剤師の説明を受けながら、すべて自分で行います。

およそ0.3mmの針のついた専用器具をプチっと指に押し当てて血液を採取します。

実際にスタッフの方が実践していましたが、痛みはほとんどないそうです。

③専用器具で血液を採取したら薬局にある専用の機械に入れ、約6分で検査結果がでます。

◆ヘモグロビンA1cでなにがわかる?

この検査で調べているのは血糖値ではなく、「ヘモグロビンA1c」。

過去1~2か月間の血糖の高さの平均がわかる のだそうです。

メリットは、直前の食事の影響を受けないので、いつでも検査ができるというところ。

さっきご飯食べたばっかり、という場合でもできるんです。これは便利ですね。

ヘモグロビンA1cの基準値は5.6
5.6~6未満・・・糖尿病予備群の可能性あり
6.0~6.5未満・・・糖尿病予備群の疑いが強い
6.5以上・・・糖尿病が強く疑われる



この簡易検査にはもう一つのメリットがあります。

もし糖尿病予備群の疑いありという結果が出た場合、その薬局で患者紹介票書いてもらってください。

それを病院に持っていくと、糖尿病の精密検査が保険適用で受けられます。

この検査が行える薬局はまだ東京都内で30店舗ほどで、全国規模になるにはすこし時間がかかるでしょうか。こちら関西でも早速さがして、見つかれば即検査をしてみたいと思います。

余談ですが、予備群、予備軍 どっちなの?と思いました。「メタボリックシンドローム」以来、医学用語として「予備群」が多用されているそうです。


←読んだよ~のしるしにポチッとしてくださると、喜びます。
[ 2014/06/30 22:30 ] 糖尿病 | TB(-) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブックマーク・RSSリーダー
登録すると、新着記事がラクラク読めます↓
人気記事ランキング
検索フォーム
ブログ村ランキング


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。