ハトコのときめき糖質制限ダイエット

糖質依存症だったハトコが、食べて痩せる糖質制限ダイエットにチャレンジ。痩せやすく、太らない体に体質改善中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

南雲先生監修「あじかん焙煎ごぼう茶」のレビュー~おいしく飲めて ダイエット&美肌効果バツグン♪

若返り・アンチエイジング博士として有名な南雲吉則先生。


「現在58歳なのにあの美肌はなぜ?」と、初めてテレビで見た時は
画面に釘付けになりました。


年齢を重ねるにつれ、便秘がちになり、むくみと肌荒れに悩む私にとって、南雲先生の「奇跡の美肌」は信じがたいものでした。

その秘密は、なんと毎日飲む「ごぼう茶」にあるらしいとか。


ごぼう茶のおかげで、何十年も悩んでいた便秘がすっかり治ってしまったんですって。
そして、マイナス20歳の美肌を維持されて、現在に至るのだそう。


う~ん、これは試さないわけにはいきません。


南雲先生みずから、ごぼうの栽培から関わったという「ごぼう茶」があるらしいので、早速お取り寄せしてみましたよ。

あじかん焙煎ごぼう茶

送料無料600円の特別お試しサイズを飲んだ感想をお伝えしていきますね。

他の「ごぼう茶」とは、まったく違います!

↓↓数ある「ごぼう茶」で南雲先生監修はコレだけ。↓↓
⇒Drナグモ監修「焙煎ごぼう茶」




ごぼうを毎日食べるのはちょっと大変。だからごぼう茶で!

「ごぼうの食物繊維は便秘解消にいい」というのは、よく知られています。とはいえ、毎日ごぼうを食事で摂るのは大変なこと。アク抜きも皮むきも、面倒です。


手軽に飲めるお茶で、ごぼうの成分を採れるなら、こんな嬉しいことはありません。


それに、料理に使うときには取り除いて捨ててしまう皮やアク。実は、この部分にこそ、ごぼうの健康パワーが宿っているんです。


それは、ポリフェノール「若返り」をもたらす抗酸化作用をもつ成分です。


「あじかん焙煎ごぼう茶」は、料亭でも出される良質な国産ごぼうを丸ごと使ってお茶にしているそう。人の背丈ほどもある、太くてなが~~い立派なごぼうなんですって。しかも、やわらかくて皮まで美味しいのです。


ごぼうのポリフェノールは加熱することで、その働きをアップさせます。だから、焙煎してお茶にしているのですね。


「健康のプロの目」と「プロの職人技」が組み合わさって、すみずみまでこだわって作られた「あじかん焙煎ごぼう茶」。これだけスペシャルなごぼう茶は、他には見当たりません。


実際に飲んでみると、早い段階で体に嬉しい変化が見られました。

写真入りでご紹介しながら、詳しくレポしますね。

⇒TV,雑誌で話題の南雲先生監修あじかん焙煎ごぼう茶



ajikan002.jpg

開けた瞬間に、すっごい!ごぼうの香り~!スーハー!いい香りだ~。

香ばしい香りが鼻からぶわーーっと体中にひろがり、おもわずのけぞってしまうくらい。

「いますぐ飲みたい!いや、食べたい。」と脳内へガツンと訴えました。

ajikan07.jpg

立体の三角形のティーバッグです。これはお気遣いうれしいですね。

飲み方は、いろいろあるので、お好みでどうぞ。

やかんで煮出す・・・お水1~1.2L   に1包
ティーポットで作る・・・沸騰したお湯400~500ml に1包、
水出しで作る・・・お水700~800ml  に1包
カップで作る・・・沸騰したお湯150~200ml に1包

私は、まずティーポットで作りました。

お湯を注いで2分がのみごろです。
ajikan10.jpg

はじめて飲んだ時の感想は「わっ!ごぼう!」でした。

ごぼうよりもっともっと「ごぼう」。こんなに香ばしい香りがするなんて!

じつはこの「あじかん焙煎ごぼう茶」を飲み始めてからというもの、

お菓子大好きな私がごぼう茶を飲んでお菓子をやめられたんです。

その理由は、ごぼう茶を飲むと、まるで「ごぼうスナックを食べているみたい!」だからです。(笑)

本当ですよ?お茶をのんでいるのに、美味しいごぼうをたっぷり食べているようなこの満足感。

それ以来、お腹がすいたらまず「あじかん焙煎ごぼう茶」を飲んでいます。間食やドカ食いを減らすことができますよ。

さらに嬉しい変化がもう1つ。


実際に飲み始めてから今はもう、2か月くらいになるんですが、お薬なしで自然なお通じが続いています。


しかも朝です。私は、朝必ず飲むようにしています。身体がぽかぽかしますし、食欲も抑えられて、軽い食事で満足感があるため、胃腸の調子も良いんですね。で、スルリと出ます。


お通じがスッキリするお茶ってよくありますけど、多くは「お腹がキュッと締め付けられるように痛む」という副作用があります。

蝶のぜん動運動を活性化させる成分が入っているためなのでしょう。

でも、ごぼう茶はお腹が痛くなったりはしません。無理にお通じを絞り出している、という感じがないんですね。とても自然にスッキリします。


「いつお腹が痛くなるか」という心配がないので、普通のお茶のようにいつ飲んでもOKです。おいしいのでたっぷり飲んでください。


毎日「快腸」な私は体が軽く、肌も徐々にツヤを取り戻してきました。


お肌の調子が良くなった証拠に、水で洗顔しただけで、あとは化粧水や美容液なしで過ごしています。


南雲先生のようにマイナス20歳とまではいかなくても、「見た目マイナス5歳」を目指して、ごぼう茶の習慣を続けているところです。


↓南雲先生、衝撃のビフォー&アフターのお写真はこちらでチェック!↓
⇒Dr.南雲監修ごぼう茶




◆茶がらも全部美味しく食べられて、捨てるところがない

あじかん焙煎ごぼう茶はなんと茶がらが食べられるんです。

茶がらをいろんな料理にいれるんですよ。「ごぼうの健康パワー」を丸ごと取り入れ、捨てるところがないなんて、お得な感じがしますね!

ajikan09.jpg

あじかん焙煎ごぼう茶の茶葉はぷちぷちと細かい!だから違和感なく食べられるんですよ。しかも、焙煎してあるから料理に香ばしさがプラスされます。お味噌汁や豆腐ご飯のチャーハンに混ぜるのもいいですね。

ajikan16.jpg

さっそく和風オムレツをつくってみました。卵2個にごぼう茶の茶がら、わかめ、鮭フレークを混ぜています。香ばしくておいしい!

ajikan18.jpg

こちらはインスタントスープ「焙煎ごまスープ」にごぼう茶の茶がらを混ぜた、「W焙煎スープ」!贅沢です♪

他にも、いろいろアレンジできそうです。

飲んでも、食べても栄養たっぷりで美味しい。

しかも、ダイエット・美肌・むくみ解消という、女性に嬉しい効果がたくさん期待できる「あじかん焙煎ごぼう茶」。


他のどのごぼう茶よりも、「ごぼうの健康パワー」を引き出しているコチラが、ハトコのイチオシです。

↓↓「1週間お試しセット」から、気軽に「ごぼう茶入門」↓↓
⇒TV,雑誌で話題の南雲先生監修あじかん焙煎ごぼう茶


関連記事
[ 2014/06/21 21:30 ] ごぼう茶のパワー | TB(-) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブックマーク・RSSリーダー
登録すると、新着記事がラクラク読めます↓
人気記事ランキング
検索フォーム
ブログ村ランキング


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。