ハトコのときめき糖質制限ダイエット

糖質依存症だったハトコが、食べて痩せる糖質制限ダイエットにチャレンジ。痩せやすく、太らない体に体質改善中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

糖質制限*実践記14「鮭のアスタキサンチンでボケ防止」

55295b8f3578fee5d4fe812c5d567c19_s.jpg

糖質制限ダイエットを始めて、最近は頭の中がスッキリしているなと感じています。

ボケ防止といえば、青背の魚がよく知られていますね。

いわし、サバ、さんまなどにはDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコタペンタエン酸)が豊富に含まれています。

でも、ボケ防止のために一番良い食べ物は「鮭」だということを、知っていましたか?


←あなたの応援ポチッが励みになります。

糖質食べまくってた時は、

体調悪い→頭ボーっとする→生きる気力ない→思考の低下→ボケる?

という、恐ろしい将来を現実的に感じてました。30代までもっと冴えてたのに

なによ今の私のこのぼんやり具合は!と。


それで、ダイエットと同じくらい脳の老化予防について関心があったんです。

若年性アルツハイマー病も問題になっていますし、年齢的には他人ごとじゃないなって不安になります。

ところが「糖質制限」がアルツハイマー病予防になるって知ったんです。


遺伝子の分子遺伝学、アルツハイマー病の研究をされている順天堂大学大学院教授の白澤卓二先生は、老化予防対策の視点から糖質オフを推奨されています。

たくさんある著書のなかでいつも書かれているのが、「ボケ防止のために食べるべき魚は鮭。」ということ。

鮭の赤い身の色素成分「アスタキサンチン」には強力な抗酸化力があり、その効力はビタミンEの500倍!トマトのリコピンよりも強いのです。

アスタキサンチンの強い抗酸化力は細胞を老化させる活性酸素を除去し、血液中のコレステロールの酸化を防ぎます。

さらに、特別な物質しか入れない脳の部分にこのアスタキサンチンは通過して、脳内の活性酸素を除去してくれるので、認知症予防の効果が期待できるんです。

ビタミンA、B2、B12、D、Eなどさまざまな栄養素が摂れます。

ということを知って、これまであまりにメジャーすぎて見向きもしなかった鮭にがぜん興味が湧いてきて、というかすぐ食べたくなってきました。我ながら単純ですね。

鮭だったらどこのスーパーでも手に入りますし、一切れずつ売っているのも有難い。

今日はお魚コーナーのぞいたら、鮭のあらが100円だったので早速買いました。「あら」って、普通の切り身よりもおいしそうに見えませんか?

実際、すごく脂がのってて、焼くとジュージュ―おいしそうな音と香りがしました。

部屋は臭くなるけどもうそんなことは気にならない。アスタキサンチンのため。抗酸化作用のためなら!

しかもお魚の脂たっぷりだったけど気にしない!低糖質だもん。鮭を食べて簡単にアルツハイマー病予防できるんならしておかなきゃ損。というお話でした。

6月18日(水)

体脂肪 22.7% 体重50.2kg

ミリ単位で40キロ台に近づいている感じですが、近づいたり離れたり、ですね。


<朝食>
きのう作った豆腐ご飯
納豆、蒸し黒豆

朝の短時間でもできる蒸し黒豆は保存もきくので便利食材です。
蒸した時の過去記事→【実践】低糖質レシピと今日の計測②
今朝の蒸したてアツアツもおいしかった。

<昼食>
061801.jpg

お弁当に、きのう作った豆腐ご飯をおにぎりにして持っていきました♪プラスゆでたまご。当分の間続きそうな簡単でおいしいお弁当でした。
豆腐ご飯の作り方→大事なことなので2回。豆腐ご飯なら糖質制限中でも「大人のふりかけ」でがっつり♪

<夕食>
061804.jpg
豆腐ご飯
鮭の塩焼き
納豆黒豆 亜麻仁油かけ
豆腐とわかめの味噌汁

豆腐ご飯のおかげでこんな「和定食」が実現ー!
あとお漬物があれば良かったなぁ。鮭の粗はお魚焼く用のホイルをフライパンに敷いて焼いたんですけど、魚自体の油だけでカリカリに焼けてサイコーに美味しかった。

納豆は、亜麻仁油をかけると味も卵黄を混ぜたようなコクがでて、納豆特有の苦みが消えるのでおすすめの食べ方です。

亜麻仁油は積極的に食べたいオメガ3の必須脂肪酸です。体内でDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコタペンタエン酸)の働きをしてダイエットやアンチエイジングに役立ちます。

オメガ6のオリーブオイルとは違って酸化しやすいので必ず生のまま食べます。

納豆に含まれるネバネバは「ムチン」という成分で、糖のまわりに付着する性質を持っています。

糖の吸収速度がゆっくりになり、血糖値の急上昇を防ぐのでインスリンの大量分泌が抑えられます。

納豆はイソフラボンとか、ビタミンB2で脂肪代謝に役立つとかもう並べ出したらきりがないすごい食材なんですよね。
(すごいで片付けるなー)




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブックマーク・RSSリーダー
登録すると、新着記事がラクラク読めます↓
人気記事ランキング
検索フォーム
ブログ村ランキング


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。