ハトコのときめき糖質制限ダイエット

糖質依存症だったハトコが、食べて痩せる糖質制限ダイエットにチャレンジ。痩せやすく、太らない体に体質改善中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

糖質制限は危険?腎臓やすい臓への負担の心配とは?

糖質制限食では、たんぱく質や脂質の摂取量が増えますよね。

そうすると、腎臓にはたんぱく質が、すい臓には脂質が負担になるのでは?と心配する声があります。

実際にはどうなのでしょうか?

こちらの低炭水化物ダイエットランキングにも情報がいっぱい。
↓応援ポチッとお願いします。↓
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

結論からいいますと、糖質制限食を始めるときに腎臓やすい臓が正常に働いている方なら、問題はありません。


ただし、すでに腎炎や、すい炎の疑いがある方、症状があるかたはは必ず先に病院で検査をうけてください。


◆腎臓の機能とたんぱく質の関係とは?

腎臓の機能が低下している方は、「クレアニチン」という物質が尿から排泄しにくくなります。血液中のクレアニチンの値が高くなるんですね。

この状態の場合に、たんぱく質の摂取が増えると腎臓に負担をかけてしまいます。

なので低たんぱく質の食事が必要になるのですが、そうなると糖質制限をすることは難しくなりますね。

摂りすぎの糖質を制限するくらいは良いと思いますが、スーパー糖質制限などは難しいと思います。


◆すい臓と脂質の関係とは?

すい臓は脂質の消化液を分泌している臓器です。もしすい炎の場合は、脂質を多く摂ることで負担をかけ、悪化してしまいます。

他には肝硬変の方も糖質制限ができません。

ぶどう糖を蓄積したり、糖代謝が出来なくなったりするからだそうです。そうすると食事から糖を摂取しないと低血糖をおこしてしまうんですね。

◆こんな症状、体調不良にご注意

腎炎は、全身倦怠感やむくみ(浮腫)で受診されることが多いです。


すい炎は、倦怠感に加えて腰背部の痛みなどが主な症状で、吐き気や嘔吐、腹部膨満感などがあります。

肝硬変は食欲がなくなったり、胃腸食道の消化と吸収機能に障害がおきることが多いので、体重が減少してきます。


いずれもひどい倦怠感がずっと抜けないという症状がありますから、少しでも疑いがある場合は、いちどお医者様にみてもらってから、安心して糖質制限食を始めてくださいね。



健康な方が糖質を制限を始めたからと言って腎臓やすい臓に特別に負担がかかるということはありません。

ただし、もともと食べ過ぎの人がそれ以上たんぱく質や脂質を増やしてしまうと当然、内臓に負担をかけます。

こういった方は当然、食事の制限も摂りいれて行きましょう。

糖質制限が危険なのではなく、糖質制限ができない体になってしまっていることを知らずに始めてしまう、ということが危険なのですね。

ただそれは、普段から健康診断や人間ドックなど検査をうけたり、自分の体の不調に気づくことでを回避できることなのです。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

↓読んだよ~のしるしにポチッと↓してくださると、喜びます。
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ


関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブックマーク・RSSリーダー
登録すると、新着記事がラクラク読めます↓
人気記事ランキング
検索フォーム
ブログ村ランキング


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。