ハトコのときめき糖質制限ダイエット

糖質依存症だったハトコが、食べて痩せる糖質制限ダイエットにチャレンジ。痩せやすく、太らない体に体質改善中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

10/6主治医の見つかる診療所 糖質制限+脳をだます で痩せやすく太りにくい体になる!

10/6主治医の見つかる診療所は「痩せやすく太りにくい体になる!ダイエットスペシャル」でした。

「糖質制限」+「脳をだます」、「ながら運動」「ゆがみ解消」「自彊術」と盛りだくさんでしたね。

復習もかねてまとめてみたいと思います。今回は「糖質制限」+「脳をだます」について。

こちらの低炭水化物ダイエットランキングにも情報がいっぱい。
↓応援ポチッとお願いします。↓
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

ちょっと内容が盛りだくさんすぎて一度に書ききれないので、分けて書こうかなと思います。

◆糖質制限がダイエットのスタンダードに?

最近の健康情報番組ではダイエットといえば「糖質制限ダイエット」を必ずといっていいほど紹介されるようになりましたね。

最初は理解されずに偏見もあって批判的な意見も多かったですが、糖質制限はなにも特別なことではないと、わかってもらえるような情報を伝えてもらえるようになってきたなと思います。

・ご飯やパンなど糖質は摂りすぎているから減らす
・肉を食べてたんぱく質をしっかり摂る
・葉物野菜を食べる
・甘いソースやタレには砂糖がたくさん入っているので塩コショウにする


こういったことが糖質制限の基本として紹介されていましたが、ごくごく当たり前ですよね。これからは糖質制限ダイエットがスタンダードになっていくんだろうと思います。

◆ダイエットの本当の目的を改めて考える

ところでこの番組のレギュラーの南雲先生、来年還暦だそうです。信じられません。いつみても若々しいですね。ハトコも飲んでいるごぼう茶を世に知らしめてくださった南雲先生がおっしゃるには、

ダイエットは体重を減らすことよりも心臓や関節に対する負担を減らすということのほうが主目的なんです。


とのこと。本当、そうなんです。健康のためのダイエットです!そしてもうひとつ。

いかに糖質制限食を長く続けていくことができるか


これが大事なんですね。極端なことをして、やめて、リバウンド。っていうのは間違ったダイエット方法です。

これは、特に年齢を重ねたアラフォー、アラフィフ世代にはうんうん、とうなずける、実感するお言葉ですよね。

痩せて綺麗になりたいのはもちろんですが、それよりも病気とか体が自由に動かないストレスのほうが深刻なんです。

身体が重い→しんどい→動きたくない→太る この悪循環にハマると、心が重くなってきて、ウツになっていきます。

糖質制限で痩せると、反対に

身体が軽い→気持ちが軽い→どんどん外に出たくなる→動く→痩せる の良い循環に乗れるんですね。

◆「カロリー」制限ではなく、「糖質」を制限することがポイント

糖質制限ダイエットは流行とか一過性のダイエットではありません。
一生続けていける食事方法であり、本来人間にとって一番良い、健康に年を重ねていける方法なんです。

カロリー制限を続けると栄養不足になり、貧血になったり骨粗しょう症リスクなど、中高年にはとても危険です。

しかし「糖質」だけ制限する方法ですと、血糖値を安定させて、細胞の糖化を防ぐことができますよね。

その結果、動脈硬化や糖尿病の予防になり、健康になることと痩せることを一度にかなえることができるんです。

それにカロリー制限のダイエットと違って、糖質制限ダイエットはたんぱく質や脂質をしっかり摂るので筋肉量が増え、代謝も増えながら痩せることができます。

糖質を控えた食事方法って、ごくごくシンプルです。難しく考える必要もないと思います。

◆糖質制限ダイエットメニューはまだまだ理解されにくい?

しかし、番組内で糖質制限ダイエットにチャレンジした原口あきまささんのダイエットメニューには、ちょっと待った~!と言いたくなりました。

晩ごはんが「こんにゃくと野菜の焼きそば風」とか「豆腐ステーキ」では、「カロリー制限ダイエット」でしょう!肉を食べてよ肉を。奥さま!と言いたくなりました。

これじゃあ、辛いでしょうよ。物足りないですよ。糖質制限ダイエットが勘違いされちゃうわ~とテレビの前でひとり、「ちがうやん!」とツッコミいれてしまいました。

その後は奥さまがとっても努力されて、親子丼のご飯にしらたきをつかったり工夫されて、お肉や卵を使った料理をたくさん作られていましたのでホッとしましたが。

でも、ひとつ残念だったの「豆腐カレー」でしたね。豆腐をご飯がわりにするなら「豆腐ご飯」がおすすめです。→糖質制限ダイエットレシピ~豆腐ごはん

番組内で「脳をだましてダイエット」を提唱された西脇俊二先生も糖質制限のスペシャリストです。「断糖のすすめ」という本もこのブログでちょこっと紹介したこともあります。

→西脇俊二先生の「『断糖』のすすめ」を読んでみました。

→糖質制限ダイエットは危険なの?*「断糖のすすめ」(西脇俊二・著)で知った真実

西脇先生が作っていたパエリアは、豆腐ご飯をつかって「見た目も食感もご飯に似せて脳をだます」という方法。

ただの豆腐にカレーをかけると見た目にいかにも「ガマン」という感じですが、豆腐ごはんは本当にご飯みたいでおいしいですよ。いろんなおかずに合います。

また、「脳をだます」という方法の一つとして、「食べたいものを大量の角砂糖に頭の中で変換する」方法が紹介されていました。

「カツ丼1杯は29個分の角砂糖を食べたのと同じ」というように、大量の角砂糖に頭の中で変換することで食べたくないと思わせてしまう、という方法です。

以前書きました、こちらの記事も参考にしていただきたいと思います。→お茶碗1杯のご飯に含まれる糖質はどれくらい?

<成功させるコツは潜在意識を利用する>

◆知り得た情報を他の人に口で伝える

人に話すと、自分でも耳でも効いているので何度も話すことで潜在意識に刻まれるそうです。

◆βエンドルフィンを利用する

有酸素運動をすることで美味しいものを食べたときと同じように、脳内ホルモンβエンドルフィンが出ます。

「美味しいものが食べたい」と、快楽を求めたときに軽い運動をすることでβエンドルフィンが出て、食べたい欲求を無理なく抑えることができるということなんです。

息が切れない程度の軽い運動で十分です。


運動をする時のポイントとして、南雲先生は「姿見をいくつも置いて自分の姿を見る」ということをおすすめしていました。


これはハトコも家でエアロバイク漕いだり、ヨガをするときには姿見で自分の筋肉が動いているのを確認しながらやります。
これは全然ナルシストとかではなく、効いてるなって筋肉が動いているのを目で確認しながら意識するのとしないのとでは効果が全然違います。

※ついでに歯磨きも、手鏡をもって一本一本、歯を見ながら磨くとしっかり磨けます。

それからβエンドルフィンを出す方法としてはである姫野友美先生(「美しくなりたければ食べなさい」の著者)がオススメしていた「歌をうたう」というのも良いですね。

気持ちよくなるし、腹筋も使うし、「歌っているときは食べないでしょ?」というのもなかなか納得(笑)のアドバイスでした。

続きは次回。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

↓読んだよ~のしるしにポチッと↓してくださると、喜びます。
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ




■ハトコが試した糖質オフのお助け商品はコチラ■
ウォルデンファームス
シロップ
ウォルデンファームズ
チョコもキャラメルも低糖質パンケーキやアイスにかけてダイエットできるなんて!

あじかん焙煎ごぼう茶
あじかん焙煎ごぼう茶お試し
Dr.南雲監修のお茶が大ヒット!美肌もスッキリもここから♪

メタバリアNEO
メタバリアNEOお試し
甘いもの好き・ご飯好き必見。糖をブロックして脂肪分解もサポート!

大人のカロリミット
大人のカロリミットお試し
ブラックジンジャー配合「お大人のカロリミット」食べながら燃焼サポート!

大豆100%麺ソイドル
ソイドルお試し
ダイエット中でも麺OK!「ソイドル」なら小麦粉不使用で糖質96%オフ!
アサイーコラーゲン
スムージー
アサイーコラーゲンスムージー
97種類の植物酵素がたっぷり!アサイー配合+コラーゲン+酵素でキレイにならないわけがない!?
関連記事
[ 2014/10/06 22:50 ] 健康番組からの情報 | TB(-) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブックマーク・RSSリーダー
登録すると、新着記事がラクラク読めます↓
人気記事ランキング
検索フォーム
ブログ村ランキング


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。