ハトコのときめき糖質制限ダイエット

糖質依存症だったハトコが、食べて痩せる糖質制限ダイエットにチャレンジ。痩せやすく、太らない体に体質改善中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

9/16みんなの家庭の医学 NASHとは?歯周病が肝炎の原因!?

091602.jpg

9月16日 たけしの健康エンターテイメント「みんなの家庭の医学」のテーマは、「長引く不調を解消する!3つの真実SP」でした。

その中で気になったのが、アルコールを飲まなくても肝炎になるという真実。

ハトコはお酒をほとんど飲まなくなったので、肝炎は関係ないや~いと思っていたのに!

非アルコール性脂肪性肝炎 NASH(ナッシュ)の原因と予防法とは?また、糖質制限との意外な関係とは。

こちらの低炭水化物ダイエットランキングにも情報がいっぱい。
↓応援ポチッとお願いします。↓
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ


◆そもそも肝臓の機能って?

1、代謝機能…栄養素を分解・合成する機能。アルコールの分解。
2、解毒作用…腸から送られてきた有害物質を無毒化する機能。
3、消化機能…胆汁(消化液)を作る。コレステロールを排泄する働き。


◆脂肪肝とは

脂肪肝…糖分や脂質を摂りすぎると、肝臓で脂肪酸からつくられる中性脂肪が肝臓に溜まります。

自覚症状がないため、気づかないうちに進行し、肝炎になる可能性があります。

肝炎になると、全身の倦怠感や黄疸、発熱、吐き気などの症状が現れます。

肝臓病=お酒の飲み過ぎって、単純に覚えていましたけど、そうではないようです。

お酒をあまり飲まなくても、食生活や生活習慣の悪化、それからムリなダイエットとリバウンドの繰り返しから、脂肪肝になる方が多くいるのだそうです。

◆NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)とは

上記のような、アルコールを飲まない脂肪肝の病名をNASH(ナッシュ)といいます。

脂肪肝の人は、日本では推定1500~2000万人いると推定されています。そのうちの1~2割がNASH(非アルコール性脂肪性肝炎)になるといわれています。

NASHを放置していると、肝炎、肝硬変、肝臓ガンへと病状が進行していくことがあります。


◆肝臓が病気になる原因は歯周病!?

091603.jpg

脂肪肝が悪化して→肝炎→肝硬変となります。

驚いたのが、肝炎の原因がなんと、歯周病菌だというのです。

◆なぜ歯周病菌が肝炎を引き起こすのか?

歯周病菌は300~500種類もあります。その中で誰の口の中にもいる菌がギンギバリス菌です。

これ、かなりの悪玉菌らしいです。

◆歯周病が肝炎を引き起こすメカニズム

1、歯周病菌が、歯と歯肉の間の歯周ポケットに溜まると、そこから体内に侵入。血管を通して全身を巡り始めます。

2、多くは白血球によって退治されるのですが、強いギンギバリス菌は免疫機能をかいくぐって血液の最終処分地である肝臓まで到達します。

3、肝臓は刺激物質を分泌して菌を退治しようとします。

4、この時、健康な肝臓なら刺激物質の影響は受けないのですが、すでに脂肪肝になっていると、刺激物質に過剰に反応してしまいます。

5、細胞が炎症を起こし、脂肪肝から肝炎へと進行していきます。


これは長い年月をかけてそうなるので、1年2年のうちにすぐなるわけではありません。

でも自覚症状が無いので知らないうちに進行していることが多いそうです。

歯周病にはすでに15~24歳で20%の人がかかっています。45~50代になると50%以上です。

アルコールを飲まないからといって、肝臓は大丈夫だと思わずに、まず歯医者へ行って歯周病チェックをしましょう!

ハトコも3カ月ごとには検診に行って歯石をとってもらい、歯周ポケットの掃除をしてもらっています。

糖質制限で歯周病が良くなった記事も書いていました。→糖質制限の効果(2)歯周病の改善~歯は抜かないで!~

◆歯周病と糖尿病の深い関係

歯周病といえば、糖尿病とは切っても切れない関係がありますね。

歯周病の人は糖尿病になりやすいし、糖尿病の人は歯周病になりやすいという、双方向の影響があることをご存知でしたか?


歯周病菌が血管内に入り込むと、血糖値を下げるホルモンであるインスリンを作りにくくします。

歯周病になると血糖値は上昇し、糖尿病が悪化するんです。

逆に、糖尿病になると、身体を守るマクロファージ(外的を食べて分解する白血球の一種)機能が低下し、歯周病菌に感染しやすくなります。

どうにも、双方から悪影響を及ぼして無限ループに陥るってわけですね^^;怖すぎますね。

実際に、糖質制限すると歯周病が治ったっていう話は良く聞きます。

◆いびきが肝炎リスクに。いびきの原因といったら・・・

他の肝炎リスクとしていびきがあります。

睡眠時無呼吸症候群です。肥満などで喉の奥が空気の通りがわるくなり、睡眠時に一時的に呼吸がとまってしまいます。


そうすると、血液中に二酸化炭素が多くなります。するとレプチンというホルモンが分泌され手血液中に増えます。

このレプチンが肝臓を固くする作用があり、肝臓が悪くなるということがわかっています。

◆肝臓病の予防法は

肝臓に溜まっている脂肪は皮下脂肪に比べて溜まりやすいのですが、落としやすいのだそうです。

ちょっとした生活習慣を改善することで脂肪肝を改善することができます。

(1)階段を見たら肝臓の薬と思え

と、番組では言っていました。

無理に激しい運動をする必要はなく、日常生活の中でちょこちょこと運動するのが良いそうです。成人病の予防としてはもう耳にタコができるほど聞いているはずの「駅で階段をのぼろう」ですが、できていますか?

なかなかね~。これがね。しんどい。だから効くのです。

◆(2)基本は食べ過ぎないこと!

この2つはもう、当たり前すぎるのですが、簡単でなかなかできないことなんですね。

結局は運動と、食べ過ぎないこと。コレに尽きます。この2つを徹底して意識すれば、全ての病気の予防になります。

◆結局行き着くのは糖質制限

糖質制限なんですよ。どうしてもここにたどり着いてしまいます。

脂肪肝の予防には「カロリー制限と脂肪の摂りすぎに注意」とか言いますが、要するに中性脂肪をためないようにするということが大事なんですよね。

それを効果的に実現するのはやっぱり「糖質制限」なんじゃないかな…と思います。脂肪の摂りすぎよりも、糖質の摂りすぎのほうが明らかに多いです。

余った糖質は中性脂肪になります。

糖質を制限すると、脂肪を燃やす回路がスイッチオンしますので、同じ運動量でも糖質をたくさん摂っている人よりも体脂肪は燃えやすくなります。

メタボ、糖尿病の予防だけでなく、あらゆることに関係してくるってことをまた、思い知りました。甘い誘惑に負けずに糖質制限頑張りましょう~

それと、定期的に歯医者にいくことも忘れずにね!

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。


←読んだよ~のしるしにポチッとしてくださると、喜びます。


■ハトコが試した糖質オフのお助け商品はコチラ■
ウォルデンファームス
シロップ
ウォルデンファームズ
チョコもキャラメルも低糖質パンケーキやアイスにかけてダイエットできるなんて!

あじかん焙煎ごぼう茶
あじかん焙煎ごぼう茶お試し
Dr.南雲監修のお茶が大ヒット!美肌もスッキリもここから♪

メタバリアNEO
メタバリアNEOお試し
甘いもの好き・ご飯好き必見。糖をブロックして脂肪分解もサポート!

大人のカロリミット
大人のカロリミットお試し
ブラックジンジャー配合「お大人のカロリミット」食べながら燃焼サポート!

大豆100%麺ソイドル
ソイドルお試し
ダイエット中でも麺OK!「ソイドル」なら小麦粉不使用で糖質96%オフ!
アサイーコラーゲン
スムージー
アサイーコラーゲンスムージー
97種類の植物酵素がたっぷり!アサイー配合+コラーゲン+酵素でキレイにならないわけがない!?
関連記事
[ 2014/09/16 22:23 ] 健康番組からの情報 | TB(-) | コメント(4)
Re: こんにちは
> こんにちはナオキです。

こんにちは、ナオキさん。いつもコメントありがとうございます。^^

> 歯周病が肝炎を引き起こすことがあるとは
> 驚きました。
> やはり歯の定期検診は欠かせませんね。
> 私もこれからは定期的に歯科医院に行って
> 歯の定期検診を受けようと思っています。
> 役立つ情報をありがとうございました。
> 応援ポチッ 

頑張ってダイエットしてたのに歯のせいで血糖値が上がってたなんで、冗談じゃない!って思いますよね。
ハトコは今日は医者に検診の予約入れたら、いつもより予約がいっぱいで驚きました。
みんなあの番組みたのかなぁ?
[ 2014/09/17 23:03 ] [ 編集 ]
Re: はーい
こんにちは、kokko さん。

> 糖質制限はお腹の脂肪もとってくれるんでしょうか?とても気になったのでコメントしました。

はい、もちろん体脂肪が減ってくると、お腹も脂肪も落ちます。

ただし、お腹だけ最初に、ということはありません。

まず最初に内臓脂肪が落ちやすく、皮下脂肪は落ちにくいです。だから、体脂肪が減っても最初は実感できないかもしれませんね。

一番最初に実感するのは、よく使う腕とか、足です。あと顔ですかね。個人差はあると思いますが。

ポチャッとしているところが締まってくるのが分かります。


お腹は「姿勢」と内臓の位置つまり、「ゆがみ」が大きく関係してきます。お腹にある程度脂肪があってもよいのですが、それをきれいに支え、形作るのは筋肉です。

お腹が出ているとしたら、筋力が無いからかも。あと、座っているときの姿勢が悪いと、ポッコリになります。

骨盤矯正エクササイズなども併用すると良いかも知れません。kokko さんが楽しんで出来そうなものを探してみてください。

もう一つ、お腹いっぱい食べないことです。腹8分目を超えちゃうなら、ちょこちょこ食いして、つねにお腹がポコッとならないようにするだけでも効果はありますよ。

[ 2014/09/17 23:00 ] [ 編集 ]
こんにちは
こんにちはナオキです。
歯周病が肝炎を引き起こすことがあるとは
驚きました。
やはり歯の定期検診は欠かせませんね。
私もこれからは定期的に歯科医院に行って
歯の定期検診を受けようと思っています。
役立つ情報をありがとうございました。
応援ポチッ 
[ 2014/09/17 21:16 ] [ 編集 ]
はーい
意外や意外でしたね。歯医者さんはやっぱりちゃんと行かないとと反省。

あと、記事とは関係ないんですが今日会社の健康診断があったんですよ。
体重はまぁ予想していた通りなんですが、腹回りを測られて言われた一言「体重はあなた普通なんだけど、腹回りがね」前はもっとあったと思うと言ったら更に驚かれました。

そこでお聞きします。糖質制限はお腹の脂肪もとってくれるんでしょうか?とても気になったのでコメントしました。
[ 2014/09/17 21:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブックマーク・RSSリーダー
登録すると、新着記事がラクラク読めます↓
人気記事ランキング
検索フォーム
ブログ村ランキング


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。