ハトコのときめき糖質制限ダイエット

糖質依存症だったハトコが、食べて痩せる糖質制限ダイエットにチャレンジ。痩せやすく、太らない体に体質改善中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

糖質を摂取すると太る理由

糖質を摂るとなぜ太るのでしょうか。

046858.jpg

タンパク質や脂質の多い肉料理と

糖質であるご飯やパンでは、同じカロリー分を

食べたとしても、体内ではまったく違うことが

起こっているようです。


どうして糖質を摂取すると肥満やメタボになりやすいのか。


それは、糖質だけが血糖値を上昇させ、インスリンを

大量に分泌させるからです。

そのメカニズムとは・・・



←あなたの応援ポチッが励みになります。

   

糖質を摂ると、血液中の糖(血糖)が上昇します。

すると血糖を一定に保つためにインスリンが分泌されます。



沢山の糖質を摂取すると分泌されるインスリンの量も

大量になります。


インスリンは血糖値を下げる働きがありますので、

生きていくのに欠かせないものですが、別名「肥満ホルモン」

とも言われています。


インスリンが多く出過ぎると、エネルギーとして使われ

なかった余分な糖は、中性脂肪につくりかえられ、

内臓脂肪や皮下脂肪として体内へ蓄えられてしまいます。



糖質の摂取による食後の血糖値の上昇と、インスリンの

大量分泌による血糖値の急激な下降を繰り返すことが

糖尿病やメタボなどさまざまな生活習慣病の原因となる

可能性が高いのです。



脂質は、単独ではインスリンを全く分泌させませんし、

血糖値も上げません。



ただ、糖質はあらゆる食品に含まれていますので

脂肪と糖質が組み合わされて調理されているということは

とても多いです。



から揚げの衣は糖質ですし、ハンバーグのつなぎにはパン粉が

使われていたり。



食事の中に占める糖質割合がどうしても高くなり、気を

つけていないと必要な量をすぐに超えてしまいます。



野菜だから大丈夫!と思っていたら、ジャガイモやニンジン、

カボチャなど、加熱するとホクホクとする野菜(おいしいです

よね)は、とくにデンプン質が多く、糖質の過剰摂取になる

ことも。


このインスリンの働きが有難かった時代もあります。


昔々の農耕民族の人々は、飢えに苦しんでいた時、

このインスリンのおかげで、少ない作物や果物の糖質を

食べて脂肪を蓄えることができたんですね。



とてもありがたい食材であったはずの糖質が現代では

大量に生産されて毎食食べられるようになり、それが原因で

病気になってしまうなんて、なんだか皮肉ですね。







関連記事
[ 2014/05/23 22:16 ] 糖質制限 | TB(-) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブックマーク・RSSリーダー
登録すると、新着記事がラクラク読めます↓
人気記事ランキング
検索フォーム
ブログ村ランキング


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。