ハトコのときめき糖質制限ダイエット

糖質依存症だったハトコが、食べて痩せる糖質制限ダイエットにチャレンジ。痩せやすく、太らない体に体質改善中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

糖質が必要ない理由~脳のエネルギー「ケトン体」と体内で糖を作る「糖新生」とは

0817.jpg

脳のエネルギーはブドウ糖だけではありませんので、糖質制限ダイエットをしても「頭がぼーっとする」とか脳が栄養不足になるような危険はありません。

その仕組みをご説明します。

↓こちらの低炭水化物ダイエット↓ランキングにも情報がいっぱい。応援ポチッとお願いします。
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

脳には、有害な物質が入らないように「血液脳関門」というバリアがあります。

脳の代謝に必要な水や気体、脂溶性物質などが通過できます。必要なものだけを振るい分けるような機能があるんですね。

この血液脳関門を通過できるのはブドウ糖と、脂肪の分解物のひとつであるケトン体です。


ケトン体とは、「アセトン・アセト酢酸・βヒドロキシン酪酸」総称です。

血液中のケトン体は、日常的に心筋、骨格筋、腎臓、脳などさまざまな臓器でエネルギー源として使われます。


農耕を始める以前の人間は、毎日食べ物があるわけではありませんでした。

当然、穀類などを作っていない時代ですから、糖質は季節の果実や木の実などから少量を得ていたにすぎないでしょう。

糖質は、次にいつ食べられるかわからない時代には、少量でもエネルギーを蓄積するための食べ物でした。

そのような糖質の少ない食生活では、ケトン体が脳の重要なエネルギー源になっていたと考えられています。

野性動物なども毎日食糧にありつけるわけではないので、ケトン体が脳のエネルギーになっています。


ケトン体は大気や尿としての排出されるのでダイエット効果もあるといわれています。

糖質制限食を続けているとケトン体が脳のエネルギー源になりますので、ブドウ糖が無くても大丈夫。

また、食事から糖質を摂らなくても、肝臓では乳酸やグリセロール、たんぱく質の分解物であるアミノ酸などからブドウ糖を作ることができます。

これを「糖新生」といいます。

血糖値が低くなってもこの仕組みによって血糖を補給することができます。

「脳のエネルギー源はブドウ糖だけ」と、甘いものや白いご飯をたくさんたべてしまう言い訳にしないようにしましょう。かえって糖質依存症になり、繰り返し甘いものや精製された穀物を食べたくなりますので気をつけてくださいね。

糖質依存症とは?⇒「糖質依存症チェック」その不調・イライラは糖質のせい?

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

■ハトコが試した糖質オフのお助け商品はコチラ■
あじかん焙煎ごぼう茶
あじかん焙煎ごぼう茶お試し
Dr.南雲監修のお茶が大ヒット!美肌もスッキリもここから♪
大豆100%麺ソイドル
ソイドルお試し
ダイエット中でも麺OK!「ソイドル」なら小麦粉不使用で糖質96%オフ!
メタバリアNEO
メタバリアNEOお試し
甘いもの好き・ご飯好き必見。糖をブロックして脂肪分解もサポート!
大人のカロリミット
大人のカロリミットお試し
ブラックジンジャー配合「お大人のカロリミット」食べながら燃焼サポート!
万田酵素プラス温
manda_+on20.jpg8回分を無料でお試し!ロングヒットの万田酵素に生姜パワーをプラス。




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブックマーク・RSSリーダー
登録すると、新着記事がラクラク読めます↓
人気記事ランキング
検索フォーム
ブログ村ランキング


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。