ハトコのときめき糖質制限ダイエット

糖質依存症だったハトコが、食べて痩せる糖質制限ダイエットにチャレンジ。痩せやすく、太らない体に体質改善中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

糖質制限と「歯磨きダイエット」で痩せる脳に!

071701.jpg

糖質制限ダイエットは糖質オフするだけでカロリー制限はありません。だから美味しいものをつい、食べ過ぎてしまいませんか

お腹いっぱい食べても良いといっても、「お腹いっぱい」の基準って人それぞれですよね。

少量でもお腹いっぱいという人、周りにいませんか?ちょっとうらやましい。


反対に、満腹中枢がちゃんと働かないと、食べても食べても満たされません。

では「お腹いっぱい、満足だからもう食事は終わり。」という感覚を食事のあとすぐに感じるにはどうすれば良いでしょうか。


ハトコのおすすめは「歯磨き」です。

歯磨きで痩せる脳になる
って、ご存知でしたか?


←あなたの「見に来たよ♪」の応援ポチッが励みになります。



歯磨きするとお口の中がさっぱりするので、せっかく磨いたから汚したくないという心理が働きますよね。

また、歯磨きをすると自然に食事から10分~20分と経過しますので、満腹中枢が働くということもあります。

でもそれだけではないんです。

歯磨きをすると、脳が活性化し、それがダイエット効果につながっているそうなんです


■歯磨きが脳を活性化?

花王株式会社ヒューマンヘルスケア研究センターの研究によると歯磨きは脳を活性化し、気分をリフレッシュする効果を持つのだそうです。

また、集中力が高まったり、疲労を回復する効果があるのだとか。

脳が活性化すると、空腹感が無くなると言われています。

たしかに、何かに集中しているときは空腹感を感じませんね。


食べ物を食べた後、なんとなく余韻がのこっていると、まだ食べさせてくれるの?と脳が食べたいモードになったままになります。

■まだ食べたいときに歯を磨くのがコツ

まだ少し食べたいかな?満腹かどうか自分ではっきりしないときに、歯磨きをしてみてください。

強制的にリセットをして「はい、食事は終わり」と脳に自分で指令をだすことができます。

これができればダイエットは成功したも同然。

食べた後だけでなく、おやつを食べたいときにも歯磨きをしてみると、気分転換になり、食べ物をことを考えていた気分をリセットしてくれます。

歯磨きをしても、それでもまだ空腹感が収まらないとき、その時には我慢しないですこし食べましょう。

食べるのはたんぱく質の豊富なものを選んでください。たんぱく質が十分満たされると食欲は収まります。糖質はダメですよ。もっと食べたくなります。


糖質制限ダイエットは決して「食べ過ぎても良いダイエット」ではありませんよね。

低糖質食品であっても、食べ過ぎは禁物。胃腸を酷使して腸内環境が悪化し、さらに活性酸素を作りだし、さまざまな病気の原因になります。

じょうずに食欲をコントロールして、糖質制限ダイエットを成功させましょう♪

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

■ハトコが試した糖質オフのお助け商品はコチラ■
メタバリアNEO
メタバリアNEOお試し

甘いもの好き・ご飯好き必見。糖をブロックして脂肪分解もサポート!
ファンケル本搾り青汁
ファンケル青汁お試し

食物繊維はダイエットの強い味方。しかもおいしいです。
あじかん焙煎ごぼう茶
あじかん焙煎ごぼう茶お試し

ごぼうパワーで腸内環境を改善。美肌もスッキリもここから♪



←読んだよ~のしるしにポチッとしてくださると、喜びます。


関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブックマーク・RSSリーダー
登録すると、新着記事がラクラク読めます↓
人気記事ランキング
検索フォーム
ブログ村ランキング


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。